江戸川区で脚光を浴びているリノベーション

江戸川区内での建物のリノベーションへのニーズは、非常に高いのが特徴としてあります。


東京都の東部に位置し、新興住宅が建ち並んでいるエリアで、年々人口の増加が見られ、そうした人の快適な居住環境を追求する動きが高まっています。



主に区内には集合住宅が建ち並んでおり、分譲マンションの物件に住んでいる方の割合も多く、分譲の部屋自体を快適な居住空間にする動きも見られます。

また通勤・通学をするため都心にも近い地域であるため、ベッドタウンとして発展していますが、半永久的に住み続ける上でもよりワンランク上の快適な暮らしを手に入れたいとするニーズも増えています。

他にも高齢者や子供の割合も多く、そういった方のための機能性にも充実した住環境の整備を必要とする理由もあります。



そのため性能や機能性に着目すると高齢者・子供たちに暮らしやすい環境の実現を図るためにも、江戸川区ではリノベーションの方が脚光を浴びています。


しかもリフォームよりも推し進める割合が多いのは新しい物件が密集している実態があるためで、老朽化していないため居住の価値を向上させる暮らしを検討される割合も高いのも理由となっています。またそれに対応した業者も存在するため、暮らしをより充実させるための提案を積極的に行っている実態もあります。



江戸川区内でリノベーションの実現をするためには、予算の問題も発生します。

これについても江戸川区内には高所得者層の割合も高いため、積極的にリノベーションなどの居住にかけられる費用もあり、最大限投資もできます。

top