江戸川区でリノベーションを行うポイントについて

江戸川区は1970年に人口約44万7千人でしたが、年々人口が増加しており、2016年10月になると約69万人まで増えています。他のエリアから江戸川区に引っ越して来る人も多い中、江戸川区に住み続ける人も多いと言った特徴があります。


住まいは長く住み続けると至る箇所に劣化が生じる事になり、一戸建て住宅などの場合は建て替えが必要になるケースもあります。

しかし、家を建て替えるとなると、高額な費用が必要になり予算に合わないと言うケースも出て来ます。


リノベーションは家の基礎部分や柱などの構造体を残して取り壊し、一つの空間にしてから間取りを作るリフォームの方法です。


家全体を取り壊すのと違い、リノベーションは使える部分を残せるので予算内で家づくりを行えると言うメリット、廃棄になる廃材を減らせると言うメリットを持っています。



リノベーションは一戸建て住宅だけではなくマンションも可能です。

例えば、江戸川区の築年数が経過した中古マンションを購入し、リノベーションを行ってから引越しをする事も可能ですし、長年住み慣れたマンションをリニューアルする事も出来ます。
ちなみに、古い時代に建設されたマンションは間取りが細かく分かれているなど、当時はライフスタイルに合っていた間取りも、子供が成長し独立と言った場合には逆に使いにくくなるケースもあります。



しかし、リノベーションを行えばライフスタイルに合う間取りに変えて生活を送れるようになります。



top