葛飾区で分譲住宅を購入する利点とは

葛飾区は東京の下町情緒が残るエリアでもあり、映画やアニメなどの舞台にもなった柴又帝釈や亀有などの地域を含む行政区です。また、花菖蒲の季節になると全国から多くの花見客が訪れる堀切菖蒲園は、江戸期の菖蒲文化を今に伝える有名スポットの一つも葛飾区内にあります。


住環境が良いなどの理由から、葛飾区内にマイホームを求める人も多くいます。
東京都心部へのアクセス環境が良く、通勤や通学にも便利であり、東京都民のベッドタウンとも言えるのもマイホームを求める人々の理由の一つと言えましょう。

葛飾区で住まいを求める人の中には分譲住宅を希望する人も多くなっています。

分譲住宅は建て売り住宅も言われている新築の一戸建て物件で、土地および建物がセットになっているので、注文住宅の様に土地を探してからハウスメーカーや工務店を選んで家を作る必要がないと言うメリットを持っています。



分譲住宅に多いのが、3階建て住宅です。



東京の葛飾区は東京の中でも土地価格が比較的安いのですが、土地面積が広いと分譲住宅の値段も高くなります。
そこで、一つの土地を2つや3つに分けて家を建築する事で、購入しやすい値段になります。3階建て住宅の場合、狭い土地でも建物を上方向に伸ばす事で住居スペースを確保する事が出来ますし、土地面積自体が小さいので値段も安く、分譲住宅の主流になっています。



従来の一戸建て住宅と言うと高額な物件が多くありましたが、3階建て住宅が主流になった事でマイホーム購入で一戸建てを検討する人が多くなっているのです。

top